南蛮屋 公式サイト

南蛮屋ネットショップ

コーヒーについて迷ったとき、コーヒーとは?「美味しいコーヒー羅針盤」が一番便利!コーヒー専門店「南蛮屋」がお答えします。豊かなコーヒーライフにご活用ください。
トップ  >  美味しいコーヒーをいれる道具  >  コーヒーミルは手動か電動か?どちらがいいの?

コーヒーミルは手動か電動か?どちらがいいの?

コーヒーを美味しく飲むために欠かせないコーヒーミル。製品を選ぶ時に悩むのが手動と電動の違いです。ここではそれぞれのメリットとデメリットを紹介します。

手動コーヒーミルと電動コーヒーミル

コーヒーを美味しく飲むために欠かせないコーヒーミル。製品を選ぶ時に悩むのが手動と電動の違いです。
ここではそれぞれのメリットとデメリットを紹介します。

 

手動と電動の特徴

手動式コーヒーミル

手動式コーヒーミル

手動式コーヒーミルの大きなメリットは挽く過程を楽しめることです。漂うコーヒーの香りだけでなく、豆を挽く感触を手で味わえるという楽しみもあります。コーヒーをこよなく愛す人にとって、何とも贅沢な時間ではないでしょうか。
一方、手動式コーヒーミルのデメリットはコーヒーを挽くのに時間がかかることです。
コーヒーを飲みたくなる時間は多くの人にとって朝食の時だと言われ、忙しい朝にコーヒーを挽く時間の確保が難しいといった点が挙げられます。またコーヒーを挽くよりもコーヒーを味わうことに時間を使いたいという意見もあります。
ただ、コーヒーミルの存在そのものがコーヒータイムを盛り上げてくれるということは確かです。価格も電動に比べてリーズナブルで購入しやすいというメリットもあります。コーヒーファンの間で人気がある手動式コーヒーミルの価格帯は6,000円~25,000円くらいとなっています。

▼南蛮屋おすすめの手動コーヒーミル

プジョー・コーヒーミル/ブラジル
プジョー・コーヒーミル/ブラジル
カリタ クラシックミル
カリタ クラシックミル

▼関連記事
手挽きコーヒーミルの使い方

 

電動式コーヒーミル

電動式コーヒーミル

電動式コーヒーミルのメリットはボタン一つでコーヒーを短時間で挽けることです。
毎日コーヒーを飲むとなると豆を挽く作業に力もいり、時間もかかります。それに対して電動コーヒーミルはスイッチ一つですぐに豆が挽けますので、コーヒーを飲むまでの時間が短いことがメリットといえます。また多くの電動ミルはダイヤルやボタンで粗さの調整ができるので、味わいの調整や様々な抽出器具に合わせた粗さを簡単に選ぶことができます。
電動のデメリットは、電力がないと動きませんので、電源コンセントが必要になります。どこでも好きな場所でコーヒー豆を挽くことはできないという点や、据え置き型の場合にはスペースを必要とするといった点がデメリットといえます。また、豆を挽く時の音が気になるという人もいます。
しかし、忙しい朝にいつもコーヒーを楽しむことができる電動式タイプのミルは忙しい人にはとてもおすすめです。
電動式コーヒーミルは据え置きタイプの大きさで、価格は1万円以上のものが主流となっています。

▼南蛮屋おすすめの電動コーヒーミル
※カリタのサイトにリンクしております。

カリタ コーヒーミル NEXT G
カリタ コーヒーミル NEXT G

 

手動式か電動式を選ぶポイント

手動式コーヒーミルと電動式コーヒーミルのどちらかを選ぶ時のポイントは、コーヒー豆を挽く過程も楽しみたいのか、飲む時間を重視するのか、置くスペースは必要かどうかといった点といえます。
コーヒー豆を挽く過程も楽しみたい人は手動式コーヒーミルを。飲む時間を重視する人には電動式コーヒーミルがおすすめです。置くスペースがあまりないという場合には、使った後に片づけやすい手動式コーヒーミルを選ぶのも良いでしょう。

 


手動式と電動式の違いをおおまかにご説明しましたが、例えば電動式には粗さの調整をボタンではなく、挽く時間で行うミキサータイプがあるなど、それぞれの方式の中に更に細かい違いもあります。
コストや性能なども考慮し、自分の生活環境や好みに合ったコーヒーミルを選んで楽しいコーヒーライフを送りましょう。

関連記事