南蛮屋 公式サイト

南蛮屋ネットショップ

コーヒーについて迷ったとき、コーヒーとは?「美味しいコーヒー羅針盤」が一番便利!コーヒー専門店「南蛮屋」がお答えします。豊かなコーヒーライフにご活用ください。
トップ  >  美味しいコーヒーをいれる道具  >  コーヒー豆保存容器の選び方とおすすめ

コーヒー豆保存容器の選び方とおすすめ

購入したコーヒーをいつまでも美味しく飲むには保存方法が重要です。保存の仕方やおすすめの保存容器(キャニスター)をご紹介します。

コーヒー豆保存容器

購入したコーヒーをいつまでも美味しく飲むには保存方法が重要です。保存の仕方や保存容器(キャニスター)によって風味に大きな差が表れるので、しっかりとした保存方法を選びましょう。

 

コーヒー豆は酸素が苦手

コーヒーはれっきとした生鮮食品であるため、酸化による風味の劣化に常にさらされています。コーヒーは焙煎された瞬間から、香りの素である炭酸ガスの放出を始めるのと同時に空気中の酸素に触れ酸化が始まり、本来の美味しさがどんどん失われていきます。またコーヒー豆は湿気を吸収しやすい性質もあるため、空気中に含まれる水分も風味の劣化を加速させます。
そのため空気を遮断できる「密封容器」は美味しいコーヒーを楽しむために必須の器具となるのです。

▼関連記事
美味しいコーヒー豆の保存方法

 

キャニスターは密封式を

現在さまざまなタイプの保存容器があり、機能性を含めデザインの好みは人それぞれですが、コーヒー豆を保存する容器は密封できるタイプを可能な限り選ぶようにしましょう。
容量については普段のコーヒーの消費量を視野に入れて決めるのが良いでしょう。長く使いたい場合は耐久性も重要になります。

 

おすすめのキャニスター

コーヒー豆は先に挙げた酸素と水分の他に、紫外線や高い温度によっても風味に劣化が生じます。そのため冷暗所での保存が前提になるため、コーヒー豆専用のキャニスターやタッパーなどをおすすめしますが、インテリアとして使いたい方も多いことでしょう。機能性だけではなく質感や形状にこだわったキャニスターもたくさんあります。

 

ガラス製のキャニスター

ガラス製のコーヒー豆保存容器

ガラス製のキャニスターはおしゃれにコーヒーを保存しておくことができるのでおすすめです。1週間くらいで飲める量なら、直射日光のあたらないキッチン周りなどで保存しておくと視覚的にも楽しむことができます。セラーメイト密封びんハリオコーヒーキャニスターなどはさりげなく魅せるキッチンインテリアとしておすすめです。

 

陶器製のキャニスター

陶器製のコーヒー豆保存容器

コーヒーを劣化させる一要素である「紫外線」を遮断するなら、光の透過率が低い素材で作られた遮光性のあるキャニスターを選ぶのがおすすめです。陶器のもつ優しい存在感は独特のものがあります。

 

金属製のキャニスター

陶器製キャニスターと同じく優れた遮光性を持ちつつ、扱いやすい「軽さ」を両立した金属製のキャニスターは実用面を重視する場合におすすめです。材質の加工のしやすさもあってか、ブリキでできた遊び心溢れるものなどたくさんの種類が海外製品などに見受けられます。

 


さまざまなキャニスターが市場にある今日、選ぶ楽しみもより一層深まっていますが、やはりコーヒーをいつまでも美味しく飲むにはここでご紹介した保存方法をしっかり守ることが重要です。コーヒー豆の保存という本来の役割はもちろん、使い勝手やデザインの両立したライフスタイルに馴染む製品を選ぶようにしましょう。

関連記事