南蛮屋 公式サイト

南蛮屋ネットショップ

コーヒーについて迷ったとき、コーヒーとは?「美味しいコーヒー羅針盤」が一番便利!コーヒー専門店「南蛮屋」がお答えします。豊かなコーヒーライフにご活用ください。
トップ  >  美味しいコーヒー豆について  >  美味しいコーヒー豆の保存方法

美味しいコーヒー豆の保存方法

コーヒーを美味しく飲むには、コーヒー豆の保存方法も大切なポイント。コーヒー豆本来の鮮度を保つ保存方法をご紹介します。

コーヒー豆の保存方法

コーヒーを美味しく飲むには豆の良し悪しはもちろんですが、保存方法もそれと同じくらいとても大切なポイントになります。保存方法が良くないとコーヒー豆本来の香りや美味しさを台無しにしてしまうことがあるためです。ここではコーヒー豆本来の鮮度を保つ保存方法を取り上げましたので、美味しいコーヒーを楽しむためのご参考にどうぞ。

 

美味しいコーヒー本来の風味を味わうには

外気を断つことが重要

焙煎されたコーヒー豆は焙煎時の化学反応により鮮度の証である炭酸ガスの放出を始めますが、それが終わりに近づくと今度は空気と触れ合う面積が増えるために酸化が始まります。酸化によってコーヒー豆に含まれている油分の劣化等が生じ、コーヒー豆本来の風味を損ねてしまうのです。
また、コーヒー豆は表面が多孔質のため湿気やにおいを吸収しやすいという性質もあります。
上記の理由により、購入したコーヒー豆のパック袋を開封後そのままにしてしまうと、風味の劣化が確実に進行してしまいます。そのため、コーヒー豆の鮮度を保つためには「外気を断つこと」が最も効果的な手段となるのです。

 

密封できる容器の準備を

コーヒー豆の保存方法

コーヒー豆を密封する方法は特別に難しいことではありません。密封が可能な専用のキャニスタータッパージップロックなどに入れ替えて保存するようにするだけで効果が期待できます。コーヒー豆の入れ替えに手間を感じた場合は、コーヒー豆の入ったパック袋のままキャニスターやタッパー等に入れておくのも手軽で簡単です。

▼関連記事
– コーヒー豆保存容器の選び方とおすすめ

 

劣化速度は温度に比例する

保管場所の温度が高いとコーヒー豆が本来持っている油分が表面ににじみやすくなり、油分が空気と触れ合う面積も増えることでコーヒー豆の劣化速度が加速してしまいます。涼しい時期に2週間くらいで飲みきる豆の量であれば密封された状態で常温保存も可能ですが、夏の暑い時期や湿度の高い季節などは出来るだけ冷蔵庫で保管するようにしましょう。2週間以上保存する際はできれば冷凍庫で保管することをおすすめします。

 

常に乾燥した状態がベスト

冷蔵もしくは冷凍した豆を使用する時は必ず未開封のまま、または密封された状態で常温(室温)に戻してから使用するようにしましょう。なぜなら低温状態のコーヒー豆を短時間で外気にさらしてしまうと結露によってコーヒー豆は空気中の水分を急速に含んでしまい、風味の劣化が加速してしまうからです。繰り返しの低温保存も結露のリスクを高めますので避けるようにしましょう。

 

さらに美味しく飲むために

コーヒーミル

コーヒーはぜひ「豆のまま」購入するのをおすすめします。なぜならコーヒー豆を粉に粉砕すると豆のままに比べて表面積が数百倍となり、それに比例して空気に触れる面積も拡がるので、やがて訪れる酸化も数百倍に早まってしまうからです。そしてより美味しく飲む秘訣は、コーヒーを淹れる直前に豆の状態から使う分だけ粉に挽くことです。

しかし予め粉で挽いてあるのは時間があまりない時などはやはり便利なものです。ただ、粉で購入する際は2週間で飲みきれるくらいの量を購入するようにしましょう。保存方法がしっかりしていれば、2週間くらいであれば美味しいまま飲みきることができるでしょう。

 


コーヒーを美味しく飲むための保存方法をいくつかお話しましたが、コーヒー豆がいかにデリケートなものなのかがお解り頂けたかと思います。そのため南蛮屋ではコーヒー豆を短命な鮮度を持つ「生鮮食品」として扱います。本来の風味を一人でも多くの人が美味しいと感じてくれたらコーヒー豆も本望でしょう。

関連記事