南蛮屋 公式サイト

南蛮屋ネットショップ

コーヒーについて迷ったとき、コーヒーとは?「美味しいコーヒー羅針盤」が一番便利!コーヒー専門店「南蛮屋」がお答えします。豊かなコーヒーライフにご活用ください。
トップ  >  美味しいコーヒーをいれる道具  >  手挽きコーヒーミルの選び方とおすすめ

手挽きコーヒーミルの選び方とおすすめ

コーヒー豆を挽く過程をゆっくりと楽しむことができる「手挽きのコーヒーミル」。歯のタイプや使い勝手など、選ぶ時のポイントと、おすすめのコーヒーミルをご紹介します。

手挽きコーヒミル

コーヒーを美味しく淹れるために重要なのが、コーヒーを淹れる直前にコーヒー豆を挽くことです。すでに挽いてあるコーヒーの粉は鮮度が落ちるスピードが豆より速く、風味も落ちやすいので、香りの良い美味しいコーヒーを飲むためには豆の状態での保存がおすすめ。
そこで必須なのが「コーヒーミル」です。コーヒーミルとは、コーヒー豆を粉にする器具。大きく分けて手挽きミル、電動ミルの2タイプありますが、ここではゆっくりと挽く過程を楽しむことができる、手挽きのコーヒーミルを選ぶときのポイントついて説明します。

 

歯(刃)で選ぶ

ザッセンハウスコーヒミルのカット歯

美味しいコーヒーを淹れるために、コーヒーミルの歯は、選ぶ時にとても重要なポイントとなります。手挽きのミルの歯は二種類あります。特徴として豆をすりつぶして粉にする<臼歯(うすば)>と、豆を切るようにして粉にする<カット歯>の、二種類それぞれの長所と短所について説明します。

臼歯(うすば)

臼歯の長所は、お手頃な価格が多く、カット歯に比べると微粉があまり出ないので、雑味のないコーヒーが淹れられます。短所としては、挽き目にバラつきがあるので均一にお湯が行き渡らずコーヒーの味にムラが出やすいです。コーヒー豆を挽くときには摩擦熱が発生しやすいことから、風味が損なわれるとも言われています。
臼歯の材質は金属が一般的ですが、長く愛用したい方には精度の高いセラミックの臼歯が使用されるミルを選ぶのも選択肢の一つです。

カット歯

カット歯の長所は、コーヒー豆の表面がキレイに切れて大きさも均一に挽けるので、コーヒーが上手に抽出されやすく美味しいコーヒーを淹れることができます。少ない力でコーヒー豆を挽くことができるのでストレスもあまり感じません。短所としてあげるならカット歯使用のミルは高価なものが多いです。


美味しいコーヒーを淹れるために、挽いたコーヒーの粉が均一であることはとても重要なことです。ミルの歯の構造や見た目だけでは分からないことは、コーヒー専門店などに足を運び、遠慮せず販売スタッフに尋ねると丁寧に教えてくれるので、専門店での購入もおすすめ。「歯」にこだわった選び方をすると、ワンランク上の美味しいコーヒーが淹れられますので、ぜひ選ぶ基準の一つにしてください。

 

使い勝手で選ぶ

手動式コーヒーミル

コーヒーミルを選ぶ基準の一つとして、使いやすさを重視する方も多いと思いますので、使いやすいミルの条件を3つのポイントに分けて簡単に説明します。

コーヒーミルの重さ

手挽きのコーヒーミルは大きさ・形と様々ですが、コーヒー豆を挽くときにミルが動かないよう押さえる力を必要としますので、<重さ>のあるものは安定感があり、コーヒー豆が挽きやすいです。ミル自体が重いと、押さえるのに余計な力を使わずにすみますので、重さがあったほうが女性の方でも挽きやすいです。

コーヒーミルのハンドルの長さ

ハンドルは短いものより、長いほうが少ない力で豆を挽くことができます。

コーヒーミルの蓋

コーヒーミルのデザインによってはホッパー(コーヒー豆をいれるところ)に<蓋>があるミルと、ないミルがあります。蓋がないミルはコーヒー豆を挽く音や香りが十分に楽しめますしコーヒー豆をホッパーに投入するのが簡単です。挽いてる時にコーヒー豆が飛び散ることもまれにありますので少し注意が必要です。その点、蓋があるミルはコーヒー豆が飛び散ることもなく、部屋に置いてもほこりなどが入る心配がありません。


コーヒーを日常的に飲む方には、これらの条件を基準に選んでいただくと、ストレスなくコーヒーライフを送っていただけるかと思います。

 

ひたすらデザイン重視で選ぶ

手挽きコーヒーミル

手挽きミルのデザインは、シンプルなものからアンティーク風のものまで形や大きさも種類が豊富で、インテリアとしても楽しむことができます。今はインターネットでも簡単に購入ができますが、時間がある方は実際にお店に行って見ることをおすすめします。せっかく買うならまず目で見て、触れてみて、とことん気に入ったものを選んでください。

 

ライフスタイルで選ぶ

アウトドアコーヒー器具

自宅で日常的にコーヒーを飲むのであれば、安定感のある使いやすいミルがおすすめ。ミルを置いておく場所がないなら小さめのミルも種類豊富にあります。アウトドア用にミルをお探しであれば、なるべく荷物にならないよう軽量でコンパクトなデザインのミルもあります。ライフスタイルによってミルの選び方は違ってきますので、自身のライフスタイルにあったミルを選んでください。

 

予算で選ぶ

手挽きのコーヒーミルの値段は、安価なものから高価なもので大体3,000円~20,000円のものとありますが、これからコーヒーを始めようと考えてる方は一式揃えると金額も大きくなるので、予算を決めて選ぶのも良いでしょう。例えばコーヒー好きな人へのプレゼントにも、予算が決まっていると選びやすく、余った予算で一緒にコーヒー豆を合わせて贈ることもできるので贈り物にもおすすめです。ただ、やはり値段が高価なミルは、使いやすさや性能の良さも比例していますので、金額は良いミルを選ぶことの基準の一つにもなります。

 

南蛮屋がおすすめする手挽きコーヒーミル

プジョー・コーヒーミル/ブラジル

プジョー・コーヒーミル/ブラジル

プジョー160年の歴史に培われた精密な技術が生きた一品です。サクサクと驚くほど軽い挽き心地と刃(カット刃)の耐久性はまさに一流。刃の精密度が高い為、挽いているときのテンションが低く、力を入れて挽いているという感触はあまりありません。ミル本体も”ブナ材”で出来た、しっかりした重心の低い作りなので、左手でミルを押さえるのにも、あまり力をかけずに押さえられます。
「使いやすさ」「精度」どちらをとっても、手挽きミルとしてかなりレベルの高いミルです。飽きのこないシックなアンティーク調のデザインはインテリアとしても素敵です。

▼南蛮屋ネットショップ通販で商品を見る
– プジョー・コーヒーミル/ブラジル

 

まとめ

手挽きのコーヒーミルといっても、性能やデザイン、価格から種類も様々ですが、自分のライフスタイルや重視するポイントを決めると選びやすくなります。どれを選べばいいかお困りでしたら、これらを参考にして、お気に入りのコーヒーミルを見つけてくださいね。

関連記事