南蛮屋 公式サイト

南蛮屋ネットショップ

コーヒーについて迷ったとき、コーヒーとは?「美味しいコーヒー羅針盤」が一番便利!コーヒー専門店「南蛮屋」がお答えします。豊かなコーヒーライフにご活用ください。
トップ  >  美味しいコーヒーをいれる道具  >  ドリップポットの選び方とおすすめ

ドリップポットの選び方とおすすめ

コーヒーを美味しくいれるために必須ともいえる便利な器具「ドリップポット」。種類や選び方、おすすめのドリップポットをご紹介します。

コーヒードリップポット

ペーパードリップでコーヒーを美味しくいれるにはコーヒー豆そのものの鮮度が重要なのはもちろんですが、美味しさを左右すると言っていいもう一つの重要な要素に「ドリップの技術」があります。粉の中心付近に思い通りにお湯を注ぐことが必要になりますが、実際に行ってみると簡単にはいかないものです。特にヤカンでドリップしようものなら、それを実感することでしょう。なぜならヤカンはコーヒーのドリップに特化しているわけではないため、湯量のコントロールが困難だからです。

 

ドリップポットはドリップ上手への近道

ドリップの際に必須ともいえる便利な器具が「ドリップポット」です。ドリップポットはその名の通りコーヒーをドリップすることに特化したコーヒー器具で、お湯の注ぎ口や形状にその特徴があります。ドリップポットを使うことで湯量の調節が非常に楽になるため、美味しいコーヒーを抽出するのに必要なドリップ技術の強力な味方になります。

コーヒードリップポットの鶴口タイプと細口タイプ

口の細さ

ヤカンとドリップポットの最大の違いは注ぎ口の細さにあります。口が細いので出てくる湯量を少なくする時の調整に力を発揮します。ヤカンのようにドバドバと注ぐのではなく、狙った場所に狙った量を注ぎたいのでこの口の細さが必要となります。

注ぎ口の形

注ぎ口の形には大きく2種類あり「細口タイプ」「鶴口タイプ」と言われています。多くのドリップポットが「細口タイプ」でペーパードリップやネルドリップに対応できるものです。「鶴口タイプ」は注ぎ口が鶴の口のような細長い独特な形状をしており、より細い注湯が可能です。

 

ドリップポットはバランスが肝

コーヒードリップポット

大は小を兼ねるということわざがありますが、ドリップポットにはそれは当てはまりません。ドリップは湯量をコントロールすることがその全てとなりますが、仮にすごく大きなドリップポットを使用した場合はそれなりの力が必要となるため湯量のコントロールは困難になることでしょう。それに比べて小さなドリップポットは注ぎ口も細く重さも軽いので細かなコントロールに集中でき、ドリップだけを考えれば最適と言えます。

しかし、家庭や会社などで何人分もの量を抽出するにはドリップを中断してお湯を継ぎ足さなければならず、普段コーヒーをいれる際の人数も考慮する必要があります。「ドリップのしやすさ」と「一度に抽出する湯量」のバランスのとれたドリップポットを選びましょう。

 

おすすめドリップポット

カリタ製「細口ドリップポット 0.7リットル」

▼南蛮屋ネットショップ通販で商品を見る
カリタ製「細口ドリップポット 0.7リットル」

注ぎ口の形状、容量、重量のバランスを考慮して、少ない力でコントロールできる、カリタ製「細口ドリップポット 0.7リットル」をおすすめします。注ぎ口は「細口タイプ」で、コーヒーをドリップするのに必要な湯量の調整がしやすいタイプとなります。抽出できるコーヒーは約3人分と若干少なめですがその分重量が軽いため取り回しがしやすくなっています。容量と重量のバランスが優れていると評価できます。

 


いくら機能が良いドリップポットを持っていても、使う人の特性に合ったものでないとその良さが生きてきません。コーヒー器具は長く使うものなので、出来るなら実際に店頭で触ってみてポットの重さや取っ手の形状、普段淹れているコーヒーの量も考えながら選んでみるのが一番良いでしょう。直接目で見て手で触れることで、画像や文章だけでは分からない質感も感じることができると思いますのでおすすめです。

南蛮屋の店舗一覧

関連記事