南蛮屋 公式サイト

南蛮屋ネットショップ

コーヒーについて迷ったとき、コーヒーとは?「美味しいコーヒー羅針盤」が一番便利!コーヒー専門店「南蛮屋」がお答えします。豊かなコーヒーライフにご活用ください。
トップ  >  美味しいコーヒー豆について  >  コーヒー豆を食べるとどうなる?

コーヒー豆を食べるとどうなる?

コーヒー豆が食べられることをご存知でしたか?最適な焙煎をされた新鮮なコーヒー豆は、食べても芳ばしくおいしいです。ここでは、コーヒー豆に含まれる主な成分と、おすすめの食べ方を紹介いたします。

コーヒ豆を食べるとどうなる?

コーヒー豆が食べられることをご存知でしたか?
最適な焙煎をされた、新鮮なコーヒー豆は食べても芳ばしくおいしいです。
では、コーヒー豆には一体どんな成分が含まれているのでしょうか?そこで、ここではコーヒー豆に含まれる主な成分を紹介していきます。

 

コーヒーの主な成分

カフェイン

コーヒーにはカフェインという成分が含まれていることはよく知られています。
このカフェインには集中力を高める作用や運動能力を向上させる作用があるといわれ、また最近ではダイエット効果もあるということで注目を集めている成分です。

クロロゲン酸など

コーヒー豆には、クロロゲン酸などのポリフェノールが豊富に含まれています。
ポリフェノールはコーヒーの色や苦味、香りのもととなっています。

タンパク質や食物繊維

コーヒー豆を食べることで摂取できる成分としては、カフェインやグロロゲン酸の他に、豆由来のタンパク質や食物繊維などが挙げられます。これらはコーヒーの抽出液には殆ど含まれない成分です。

 

コーヒー豆を食べても大丈夫なの?

カフェインやクロロゲン酸は、8、9割方がコーヒー抽出液へ溶け出すといわれていますので、普段コーヒーを飲んでいる人はコーヒー豆を食べても体への刺激はあまり心配しなくても大丈夫そうです。
逆にコーヒーの抽出液には殆ど含まれない成分の豆由来のタンパク質や食物繊維などがコーヒー豆を食べることで摂取できます。

 

コーヒー豆を美味しく食べよう

ただやはり、コーヒー豆を食べるというのもなかなか慣れることではありません。
そこでおススメしたいのが、コーヒー豆を丸ごと食べてしまえる『コーヒー豆チョコレート』です。

コーヒー豆チョコレート

南蛮屋の珈琲豆そのまんま贅沢チョコ

コーヒー豆チョコレート イラストコーヒー豆(ブラジル・ブルボン種)を贅沢にクーベルチュールチョコレートでコーティングしたもので、これならコーヒー豆を丸ごと一粒、チョコレートと一緒に美味しく楽しめます。
但し授乳中の方やお子様など、カフェインの摂取において影響のあると思われる方は、一度に多く食することは控えることをお勧め致します。

▼南蛮屋ネットショップ通販で商品を見る
南蛮屋の珈琲豆そのまんま贅沢チョコ

 


コーヒー豆にはここでご紹介したようないろいろな成分が含まれており、それ故飲むだけでなく、そのまま食べることで初めて摂取できるポリフェノールなどの良質な成分もあることがお解りいただけたと思います。
さらに食べる以外にも、コーヒーで作る石鹸やハンドクリームなどもあり、コーヒーの可能性はまさに無限大です。

関連記事