南蛮屋 公式サイト

南蛮屋ネットショップ

コーヒーについて迷ったとき、コーヒーとは?「美味しいコーヒー羅針盤」が一番便利!コーヒー専門店「南蛮屋」がお答えします。豊かなコーヒーライフにご活用ください。
トップ  >  美味しいコーヒー豆について  >  美味しいコーヒー豆の種類

美味しいコーヒー豆の種類

南蛮屋で取り扱っている銘柄の中からいくつかを取り上げ、味わいや産地などについて簡単に説明していきます。

コーヒー豆の種類

一口にコーヒー豆といってもいろいろな銘柄があり、銘柄ごとに味は異なります。モカやキリマンジャロ、ブルーマウンテンのような昔からコーヒーを生産している国のメジャーな銘柄もあれば、ここ最近になってコーヒー生産に取り組み始めた国の銘柄もあります。
さて、ここでは南蛮屋で取り扱っている銘柄の中からいくつかを取り上げ、味わいや産地などについて簡単に説明していきます。

 

中東・アフリカ産のコーヒー

地図:中米・南米産のコーヒー

モカコーヒー

最も有名なのは、中東のイエメン産とアフリカのエチオピアで生産されているモカと呼ばれているコーヒーです。中でもコーヒー発祥の地であるイエメン産のものは「モカタマリ」の別名があります。
モカコーヒーは、モカフレーバーと呼ばれる独特の香りがあり、どちらかといえばまったりとしたコクと酸味を持っていて日本人によく好まれます。(あの『コーヒールンバ』に出てくるコーヒーといえばピンと来る方もいるでしょう)

▼南蛮屋ネットショップ通販で関連商品を見る
炭火焙煎コーヒー豆『モカマタリ』
炭火焙煎コーヒー豆『エチオピアン モカ』
炭火焙煎コーヒー豆『モカハラー』
炭火焙煎コーヒー豆『昭和のモカブレンド』

 

タンザニア

タンザニアのコーヒーの中でも、タンザニア北部・キリマンジャロ山のふもとで生産されているコーヒーを「キリマンジャロ」と称しています。日本ではキリマンとよく略されます。
一方、最近になって日本で広まってきたのがタンザニア南部のリマ地区で生産されている「タンザニアリマ」です。実はキリマンジャロよりコーヒー生産の歴史は浅いのですが、現在ではタンザニアリマの方が生産量が多く、タンザニアでは最もポピュラーなコーヒーといっていいでしょう。
コーヒーは、栽培地の標高が高いほど寒暖差が大きくなるため、コーヒー豆の品質が良くなるとされています。よって標高の高い農園が多くあるタンザニアのコーヒーは、苦味、酸味ともに力強く、それでいてバランスを失わないあたりが「上質な味」とされる所以です。特にタンザニアリマはコーヒーには珍しく、ベリーや柑橘系、紅茶のような香りが楽しめる特徴があります。

▼南蛮屋ネットショップ通販で関連商品を見る
炭火焙煎コーヒー豆『タンザニア LIMA』
炭火焙煎コーヒー豆『昭和のキリマンブレンド』

 

中米・南米産のコーヒー

中米・南米産のコーヒー

ブラジル

コーヒーといえばブラジル。南蛮屋では「ブラジル ショコラ」という品名で販売しています。名前から分かるように、チョコレートを思わせるような甘い香りが特徴で、コーヒーとしては苦味、酸味とも比較的マイルドな部類に入り、コクと香りのバランスが良くとれたコーヒーです。ブラジルでは生産管理の行き届いた大農園でコーヒーが生産されることが多く、年間を通してコーヒー豆の質や量が安定しており、一般にブレンドのベースとしても良く用いられます。

▼南蛮屋ネットショップ通販で関連商品を見る
– 炭火焙煎コーヒー豆『ブラジル ショコラ』
– 炭火焙煎コーヒー豆『ブラジル アマレロ ブルボン』

 

グァテマラ

グァテマラにはアンティグア、コバン、ウエウエテナンゴなど8つのコーヒー生産エリアがあり、標高の高さが昼夜の寒暖差を大きくし、肥沃な火山灰土壌が品質の高いコーヒー豆を生み出しています。コーヒーらしい香りとコクだけでなく、柔らかく透明感のある風味が特徴的です。
南蛮屋では8つの生産エリアのうちのひとつ、グァテマラ北部のアティトラン地区で生産されたコーヒー豆を『雲上のグァテマラ』という品名で扱っています。

▼南蛮屋ネットショップ通販で関連商品を見る
– 炭火焙煎コーヒー豆『雲上のグァテマラ』

 

東南アジア産のコーヒー

東南アジア産のコーヒー

マンデリン

東南アジアのインドネシア・スマトラ島で生産されているコーヒー豆です。標高1000メートルを超える山岳地帯で栽培されており、インドネシア産のコーヒーの中では高級品とされています。酸味がほとんどない代わりに苦味が強いのが特徴で、その芳醇な香味、独特で濃厚なコクには多くのファンがいます。
マンデリンにも生産エリアによっていくつか種類があり、トバ湖周辺のエリア『マンデリントバコ』、スマトラ北部のリントンニフタ地区『リントン マンデリン』、アチェ地区の『マンデリン・アチェ』などがそうです。マンデリンを生産する農家はほとんどが小農家ですが、スマトラ島で唯一の大規模農園・ワハナ農園が栽培から輸出までを一元管理した高品質の『リントン マンデリン』を南蛮屋では扱っています。

▼南蛮屋ネットショップ通販で関連商品を見る
– 炭火焙煎コーヒー豆『リントン マンデリン』

 

タナ・トラジャ

これもインドネシア産のコーヒー豆ですが、こちらはセレベス島のタナ・トラジャ地区で生産されているものです。同地区も標高1000メートルを超える山岳地帯にあり、リントンマンデリンと同じく高級品だとされています。
特徴はその濃厚なコクと苦味。このコーヒーにハマると他のコーヒーは飲めなくなるかも知れません。タナ・トラジャはそれほど力強いコクと香り高い風味を持ちます。

▼南蛮屋ネットショップ通販で関連商品を見る
– 炭火焙煎コーヒー豆『熟旨 タナ・トラジャ』

関連記事